リコーのトナーで安心!プリンターのおとも【無償修理で対応】

コピー機

OA機器の賢い購入方法

企業では様々なOA機器が使われていますが、コピー機のような大型で複数の社員が共有して利用する機器は、リース契約することが一般的です。これは比較的高額なコピー機の導入費用を抑えつつ、最新の機種をメンテナンス付きで利用できるといった特徴があるためです。

詳しく見る

男性

電話料金を安くするには

IP電話は、インターネット通信網を使ってデジタル化した音声をやり取りする電話サービスです。通常のアナログ電話に比べると通話料が安く、市内・市外を問わず一律の料金で利用できるという特徴があります。一定の要件を満たせば、無料通話も可能です。

詳しく見る

インク

回収してくれる

リコーのオフィス機器を使っている会社は多いものです。トナーを頻繁に購入することもあるでしょう。回収してくれる業者もあれば、激安価格で購入できる業者もあります。特におすすめなのが法人向けの激安通販サイトです。

詳しく見る

コピーをする人

購入よりもよい点とは

コピー機は購入するよりもリースにした方がトータルではメリットがあります。単純に費用だけを見れば購入した方が安くつきますが、定期的なメンテナンスや廃棄の事まで考えるとリースにした方が見えないコストが大幅に削減出来ます。

詳しく見る

固定電話

経済面で非常に有利

インターネット回線を利用するIP電話は、通常の固定電話と同様に使用できますが、イニシャルコストがほとんどかからないなど、料金の面で非常に経済的です。また、国際通話にも対応しており、多くの企業の経費削減に役立ちます。

詳しく見る

プリンタの消耗品

トナー

消耗品の選び方

家電量販店では1万円以下のプリンタも珍しくなく、ひと昔前と比較すると、かなり購入しやすい価格になっています。会社でもリコーのプリンタの見積りをお願いすると、値引き額に驚いてしまうこともあります。しかし、消耗品であるトナーは、プリンタほど安くなったイメージはありません。リコーなどのメーカーは、消耗品であるトナーで利益を上げようとしているのが伺えます。リコーなどのメーカーが販売しているトナーは、純正トナーと呼ばれています。メーカーブランドなので、安心感は言うまでもありません。品質も高く、不具合もほとんど起きません。仮にトラブルが発生しても、メーカー保証期間内であれば無償修理で対応してもらえます。ただし、価格が非常に高く、生産が終了したものは手に入りにくくなります。それに対して、リコーなどのメーカー以外の業者が製造したリサイクルトナーと呼ばれるものがあります。純正トナーと比較すると、3割から5割程度の価格で販売されていて、お得感が高いのが特徴です。また、リサイクル品となるため、エコであると言えます。しかし、品質は製造業者によってマチマチですが、純正トナーと比較すると劣ります。また、プリンタのトラブルにつながるような不具合が起きやすいとも言われています。メーカー保証が受けられなくなることも覚えておかなければなりません。どちらのトナーを選択するかは悩みどころですが、何を重視するかで選ぶと良いでしょう。メーカー保証のことを考慮するなら、保証期間内は純正トナーを使用し、その後、評判の良いリサイクルトナーを使用するのも良いかもしれません。