リコーのトナーで安心!プリンターのおとも【無償修理で対応】

電話料金を安くするには

男性

無料で電話することも可能

ビジネスにおいては電話がコミュニケーション手段の1つとして欠かせないものとなっていますが、利用量が増えれば当然ながら経済的な負担も増加します。効率的な企業経営を行うには、費用の節減に絶えず気を配る必要があります。そんな中、電話料金を大幅に安くすることができるとして注目を集めているのが、IP電話です。IP電話のIPとはインターネット・プロトコル(Internet Protocol)の略で、簡単に言えばインターネット回線を使用した電話サービスということになります。IP電話では音声をデジタルデータ化して送信するため、アナログ信号のまま送信する通常の電話よりも効率的に音声を伝えられます。また、通常の電話の場合は各電話局の交換機を経由するたびにコストがかかりますが、IP電話の場合は全国に張りめぐらされたインターネット網をそのまま使うため、相手先までの距離に関係なく一律の料金で利用できます。こうしたことから、IP電話の料金は通常の電話に比べるとかなり割安です。料金単価は事業者ごとに異なりますが、固定電話からの通話であれば通常の電話料金が3分間8.5円〜130円ほどのところ、IP電話なら固定電話へかける場合も8円ほど。携帯電話への通話も、数十円ほどで利用できます。また、先に述べた通りIP電話のコストは距離に左右されないため、市外通話となるとその料金は通常の電話に比べてさらに安くなります。さらに、多くのIP電話には同じ事業者同士、あるいは提携事業者同士であれば通話料がゼロになるというサービスがあります。これを利用すれば、たとえば本社〜営業所間での電話料金を完全無料にすることも可能になります。